熱帯魚図鑑

アナバス・スネークヘッド

 

キノボリウオの英名からアナバス亜目とも呼ばれる。

これまたスズキ目で、このグループは全て淡水魚である。

アジアとアフリカに生息しているが、日本には自然分布によるものは無い。

アナバスやキノボリウオと聞いてパッと姿が思い浮かばないのはこれも一因だろうが、ベタと聞けば案外姿を想起できるひとがいるのではなかろうか?

 

一方でタイワンキンギョは世界で始めて「ネッタイギョ」という括りをつけて飼育された生き物で、このグループの大抵の種類の飼いやすさは折り紙つきだ。

それを容易にしてるのはこのグループ最大の特徴「鰓以外でも呼吸すること」である。

上鰓器官あるいはラビリンス器官と呼ばれる呼吸器があり鰓だけでなくこの器官を使って呼吸する。

上鰓器官は鰓の基部にある第一鰓骨という器官が発達し複雑な起伏のある形態をしている、ここに通った毛細血管を使って空気から直接酸素を取り込む。

この器官は比較的酸素濃度の高いし水域に住む種類(クテノポマとか)ではあまり発達していないが、ベタのように特に酸素濃度の低い止水で生息するものには発達するという傾向がある。

この器官のおかげでほかの魚類ではとても生息できない溶存酸素量が低い止水などでも生息できるように進化した魚類である。

後述するタイワンドジョウ亜目の魚類にもこの器官が見られ、かつてこのグループもキノボリウオ亜目タイワンドジョウ科に分類されていた。

 

ほとんどの種が肉食で小さな水棲動物を食べる。とくにアナバスやアフリカのクテノポマは魚食性が強い。

草食の傾向があるのはキッシンググラミーぐらいだが、これもエンゼルフィッシュのような「薄っぺらい魚」と一緒に飼うとその体表を舐め取ろうとする。

 

繁殖は特有の泡巣というものを作りここで産卵する。

この泡は通常の水泡と違い、口内の粘液を絡めて作るため、意外に丈夫で、繁殖が終わるまでオスは継ぎ足しながら持ちこたえさせる。ここに卵を産み付けて、孵化後自力で泳げるようになるまでオスがこの巣を守る。また、巣から落ちてしまった稚魚を加えて巣に戻すため忙しい。

狭い水域に生息し、このような繁殖形態をもつためベタ・スプレンデンスなどはとくに同種と相性が悪く、オス同士はよほど広い水槽でもない限りどちらかが死ぬまで戦う。比較的おとなしいタイワンキンギョやチョウセンブナも繁殖期となるとその排他性は激しくなる。

 

また、比較的流れの速い河川に分布するものは口の中に卵を抱え、ここで孵化させ、しばらくは親が面倒を見る。このような生態の生き物をマウスブルーダーという。

 

キッシンググラミーがアナバスの中では変り種で、水中で放卵し、オスが精液をばら撒いて受精させる。ほかの魚類では一般的な方法をとる。

 

キノボリウオ亜目の魚類は3つの科に分かれる。

 

まずはキノボリウオ科。

これは四属があり、キノボリウオの一種のみで構成される本家キノボリウオ属

 

クテノポマ属

ミクロクテノポマ属

サンデリア属がある。

 

 

次に上げられるのがキッシンググラミーのみで構成される

ヘロストマ科タイおよびマレー半島に分布する。濾過摂食を行い、鰓耙は顕著に発達

 

そして、アナバスのグループのほとんどを占めるオスフロネムス科

がある。トウギョ科とかもここに併合された。

 

この中にオスプロネームスグラミーなどがいるオスフロネムス属

ドワーフグラミーなどのいるコリサ属

ベタ属

タイワンキンギョやチョウセンブナのいるギクラクギョ属

などがある。

 

食に関しては、このグループは現地ではよく食べられていて、オスフロネームスグラミーは焼いてあんかけをかけたり揚げたり蒸したりと何でもある。

 

この魚は雑食で、何でも食べる。よく池で食用に飼われており、その餌の与え方が非常に合理的なのでここに記しておく。

 

沖縄や中国では便所はブタ小屋の上に作り、排泄物を餌にするのが常識であったが、さらに上をいく。ブタ小屋は養殖池の上に作り、ブタ小屋は便所の下に作る。

こんな風に排泄物をグラミーが食べ、さらにあまるものも出てくるため、池の周りの雑草はよく育つ。それを刈り取って池に放り込みまたグラミーがたべる。

なんともまあ循環のよくできた飼養方法だ。

 

ほかにも小型のグラミーはナンプラーの材料にされる。

東南アジアの発酵食品で特集を組んだ番組で恐ろしい数のスリースポットグラミーやシルバーグラミーがナンプラーとして漬け込まれていた。

案外ナンプラーに姿を変えて日本でも食べられていたりするかもしれない。

なお、ナンプラーが好きな人はこの製造工程を見ないほうがいいかもしれない。

 

また、スリースポットグラミーやシルバーグラミーはすり身にして揚げ物として食べられる。一説によるとさつま揚げはこの地域から伝来したものであるとも言う。

 

 

 

ベタ・スプレンデンス

 

               

 

アナバスの中で最もよく飼われている魚だろう。原種の鰭は小さいが、色は綺麗だが、その鰭までも大きく改良させたものが大量に輸入されてくる。

タイ産は青・緑・赤を大量に輸出してくる。

カンボジアベタとも呼ばれるベタはクリーム色がはいる。これを組み合わせた紫・水色・黄色などありとあらゆる色が入ってくる。こちらは若干高め。

シンガポール産はこのどちらもはいってくる価格は、中間ぐらい。

 

現地ではオスを戦わせて賭けをするのが一般的な楽しみ方で、これにはプラガットという別種が適している。

この賭けに使うという性質からかつてはメスの輸出が厳禁されていたが、西洋人が無断で持ち出して繁殖させたものの中からショーベタと呼ばれる特に尾鰭を発達させたものが出た。

一般的に出回るものは、トラディショナルベタとも呼ばれる。伝統的なベタという意味で、特に発展したショーベタと区別するのに使われる。

 

飼育は容易で、水温を25度前後に保てるのならコップやビーカーで飼うことが可能。

しかし本来の美しさを保ち、健康的に飼うのであれば、小型の水槽ぐらいはほしい。

 

夏の高温には強く、よほど直射日光が当たるとかそういった極端な場所でなければ水温は上がっても32度程度で難なく夏を越せる。

 

水質は弱酸性の軟水が適している。日本の水道水は塩素中和してしまえばほぼ問題ない。

 

ベタのみを飼うのであれば特にろ過装置は必要ない。ただし冬は別で、ヒーターを入れると水面だけが暖まり、センサーが冷えていては延々と加熱することになるのでエアーレーションぐらいはしてやる。温室なら何の心配もない。

 

餌に関しては特に困ることはない。常識的に考えて口に入りきる大きさの餌なら代替なんでも食べる。時折アカムシを与えるとなおよい。

 

混泳はオス同士は不可能である。よほど広い水槽で隠れる場所を多く取ってやるとか、超過密にして攻撃対象を分散させるなどの手を施してもひればぼろぼろにされてしまう。ベタ・インベリスはピースフルベタという愛称があり、オス同士でも変えるが小競り合いはする。

また、繁殖のとき以外はメスをオスと飼うこともできない。

ただしメス同士は問題ない。メスでもはっきりと色が出た綺麗な個体は時折輸入されるので、こういった個体を探してメスを大量に集めてみるのも面白い。

 

繁殖は、簡単でオスは口腔内の粘液を使って丈夫な泡を作る。これを集めて巣にする。これはコップに入れたような環境ですら行うが、最低でも10リットルぐらいは入る容器でやらないとまともに繁殖させられない。

そこへ成熟して卵を持ったメスを入れてやると、数日のうちに産卵が始まる。うまくいかないときは大抵メスが未熟なときだ。

その場合はメスをいったん隔離しないところされてしまうので注意する。

 

巣からこぼれた卵をオスは何度も回収して必死に巣に戻そうとする。

孵化してから数日くらいは面倒を見るが、ヨーサックを吸い尽くした稚魚が自力で泳ぎ始めたらオスも取り出して稚魚だけにする。

初期飼料はインフゾリアを使う。

インフゾリアは普通売ってはいないので自分で作るしかない。

魚をしばらく飼育している水をビーカーなどに取り、ちぎったレタスを浮かべて置きここにティースプーンいっぱいぐらいのスキムミルクをかけておく。

光に当てること数日でもやもやしたものが動き回るのが何とかわかる程度だ。

これをスポイトで集めて稚魚の周りにばら撒く。

繁殖がうまくいくか行かないかはこのインフゾリアを用意できるかできないかにかかってる。

 

 

ブルーグラミー

 

 

 

ブルーグラミーは古くから飼育されている熱帯魚で、近縁種のスリースポットグラミーとの交雑種や、マーブルグラミー・ゴールデングラミー・プラチナグラミーなどの改良品種がいる。

あまりに交雑が進んでしまったので、純粋なスリースポットグラミーとブルーグラミーを探すのは至難の業だ。

安価で飼育は簡単で、おとなしく水草に良く合う。

 

飼育は容易で、夏の高温はベタ同様大抵乗り切れる。

美しく飼うなら60cm水槽は欲しいところ。

 

餌はおおよそ殆どの人口飼料に餌付く。

成長は早く、うまくやれば、5cmほどの稚魚を数ヶ月で最大サイズの12cmほどにできる。

水温は25度から28度程度を保つ。

水質は中性から弱酸性。

 

繁殖はペアで飼っていて、水面が波立ってなければ、水草のかけらなどと泡を作って酢を作る。産卵が終わって、稚魚が自力で泳ぎ始めたら親を離す。

稚魚は特に小さいのでインフゾリアを与える。

雌雄の判別方法は、背鰭と腹鰭の末端がよがっているのがオスで、丸っこいのがメスである。

 

この仲間には

 

 

パールグラミー

 

 

シルバーグラミースネークスキングラミーがいる。

どれもブルーグラミーと同じ飼育方法でいい。

シルバーグラミーは15cmほどになる。

その名のとおり細かい銀色の鱗が身を包み滑らかそうな印象でとても綺麗だ。

パールグラミーのオスは臀鰭が櫛状に伸張する。

 

スネークスキングラミーはこの仲間では大きく20cmを越える。

よって水槽はより大型のものを使ったほうが良い。

 

 

ドワーフグラミー

 

 

 

コリサ属グラミーで最もよく飼われている魚と思われる。最近はハニーグラミー方が多いかな?

アンテナのように腹鰭を使いあたりを探りながらちょろちょろと泳ぎ回る様子は本当にかわいい。

色彩も青と赤の段だら模様が綺麗で、明るい色の水草に良く合う。

メスは銀色にわずかに色が乗る程度だから、観賞のみを目的とするならオスだけで飼うのも良い。

飼育も繁殖容易で、ぜひ一度飼ってみてもらいたい魚だ。

 

二枚目は珍しいワイルド個体。

 

小型魚用の人工餌や冷凍のアカムシを与える。

飼育には1prなら36cm水槽があれば充分だ。

水温は26度程度が適温で水質は中性から弱酸性に調整する。

 

飼育は本来は簡単なのだが、イリドウイルス症と思しきものによく感染している。2013年に6度26匹仕入れて、生き残ったのが6匹しかいない。

その6匹というのは、たまたま手に入れたワイルド個体だ。

 

あまりに異常な数が死亡するので解剖してみたら、はれぼったく見える内臓が確かにあった。イリドウイルスそのものというものを解剖したことはないが、これだけ聞き及ぶ症状と似ているのならあってるだろう。

 

そこで新しく仕入れたものに内臓に何か感染したときの秘薬を持ち出してこれを投与したところ、一応症状は出ない。たまたまウイルスを持ち合わせていなかっただけかもしれないので、まだなんともいえないが、2013年に経験した異常な死亡数を考えると、購入前によく注意して観察したほうがいいだろう。一週間ほど取り置くなり、入荷から日数の経ったものを買うなど対策はいくらでもある。

 

混泳は小型テトラやラスボラ、コリドラスなどがいい。

 

繁殖はペアで飼っていて、水面が波立ってなければ、水草のかけらなどと泡を作って巣を作る。産卵が終わって、稚魚が自力で泳ぎ始めたら親を離す。

稚魚は特に小さいのでインフゾリアを与える。

 

改良品種がいくつかある。

 

青い色素を多くしたネオンドワーフグラミー

 

 

赤い色素の殆どを取り払ったパウダーブルードワーフグラミー

 

青い色素を排除して背びれのみ青色でそのほかがオレンジになったサンセットドワーフグラミー

 

このうちパウダーブルー度ワーフグラミーは少々高価だが、メスも色が綺麗でいいこと尽くめ・・・といいたいが、奇形の個体が割合多くいるので、購入の際は要注意。

 

この仲間にはハニードワーフグラミーその改良種のゴールデンハニードワーフグラミー。シックリップグラミーと改良種のレッドグラミー。バンテッドグラミーなどがいる。

いずれも大きさが違う程度で、飼育繁殖はドワーフグラミーに準じる。

 

ハニードワーフグラミーは4cmほどにしかならないより小型の種で、混泳は他の魚に負けてしまわないように気をつける。

改良種のゴールデンハニーばかりが出回るようになっているので、原種はなかなかお目にかかれない。

 

またこの種は水中に涌いたヒドラと呼ばれる腔腸生物を食べてくれる。

ヒドラは水草や、生き餌に混じって水槽に入ることがある。イソギンチャクを小型にしたような感じで、グッピーの稚魚ぐらいの大きさの魚を食べてしまう。

 

シックリップグラミーはドワーフより大型になる種で、改良種のレッドグラミーはやたら見かけるが、原種は殆ど見かけない。

その名のとおり厚い唇を持ちなかなか重厚感がある。

 

バンテッドグラミーはこのコリサ属グラミーの最大種で、10cm以上になる。

ドワーフグラミーの青に比べれば緑がかり、赤い部分はオレンジになっている。大きいこともあるがなかなか見栄えはいい。

あまりに小さいネオンテトラあたりは襲われることがあるので、混泳する小型魚は大きさに気をつける。

 

なかなか見栄えのする好きな魚だが、めったに輸入されない。

 

 

キッシンググラミー

 

ヘロストマの唯一の種。キスする魚として有名だが、これは小競り合いで、弱い個体はそのうちに弱ってしまう。白変個体が出回っているせいで、もともと白い魚のように思われるが、原種は光沢のあるオリーブグリーンでこち他のほうが綺麗だと思う。

 

コケをなめとるようにして食べたりする。鮎が友釣りできるほど縄張り意識が強いように、コケの生える場所を巡っての争いと思われる。

 

餌は殆どの人工餌を食べはするが、口の形の問題であまり効率よく食べられない。そこで、プレコ用のボタンのようなかたちをしたタブレットフードを併用してやると良い。

複数

 

最大で20cmほどになるが、飼育下では15cmほどにしかならない。

よって60cm水槽は必要。

水槽のコケを食べてくれるが、ディスカスやエンゼルフィッシュのような平たい魚の皮膚までなめ取ろうとするので、混泳はしないほうがいい。

よく白点病にかかるので28度程度で飼育したほうが良い。

 

複数飼育する時は餌のやり方に一工夫する。解剖してみれば察しが着くが、濾過摂食をするので、粉末状の餌を水面に浮かべてやる。するとどの個体も餌にありつける。この場合は水面が揺れないよう濾過装置に何らかの工夫をし、水底に沈んだ餌を処理できる生き物を同時に飼育する。さもないとあっという間にヒゲ状のコケに水底を覆われてしまう。

  

チョコレートグラミー

 

 

マレーシア・インドネシアに分布する。最大6cm程度になる。

チョロチョロと泳ぎ回る姿がかわいらしく、特に日本では異常に人気がある。

 

一昔前は輸入される個体の状態が悪く、どの本を見ても「飼育は難しい」の一点張りであったが、最近は輸入された後の状態が良くなり、以前ほど難しくはない。

確かに飼育は幾分難しくなくなったが、この魚が臆病で難しいということには変わりない。

 

よって飼育当初ではコミュニティータンクで飼うのは無謀だ。自分は大丈夫だと過信してはならない。絵に描いたような暴虎馮河の勇となるだけだ。

 

特に、店に来て間もない個体をいきなり掴むのは危ない。袋詰めで売られているものなど論外だ。

コミュニティータンクではゆっくりとした動作のグラミーは餌を取れないことが間々ある。それでなくても臆病なのに。

 

30cm程度の水槽で充分なので、単種であるいはコリドラスのようなおとなしく同じく動作のゆっくりとした生き物と組み合わせるのがいい。

 

トリートメントは特に慎重に行う。

 

餌は飼育はじめは人工餌を受け付けないことがあるので、冷凍アカムシやイトメで餌付ける。トリートメントが終わったら、まずは太らせて体力をつけなくてはならない。ある程度太ったら、人工餌に餌付ける。一日餌を抜いて空腹のときに人工餌を少量撒くとかそういった工夫をすればそのうち食べるようになる。

 

 

水質は弱酸性の軟水を保つ。ブラックウォーターにしてしまったほうが良い。

 

また濾過装置は強い水流を作るものは避ける。底面濾過やスポンジフィルターが良い。

 

生餌や冷凍餌で餌付ける

 

良質な水質を維持する

 

単種もしくは同様の性質の魚と組み合わせる

 

これらを守ればそう難しい魚ではない。

 

繁殖

 

 

この種はマウスブルーダーと呼ばれ口内保育する。

雌雄の判別は制御なら容易だ。二枚目の絵図がメスで鰭の縁は丸い。

ペアを30cm程度の水槽で飼い込む。

産卵を促すためにブラックウォーターにする。

半分に割った植木鉢を入れて、落ち着かせるために新聞紙などで水槽を覆ってしまう。のぞき穴をつけておくといいだろう。

 

 

オスフロネームスグラミー

 

 

もっとも大きくなるグラミーで、60cm以上になる。水槽は120cm程度のものを使う。ブタ小屋の下で飼われているだけあって、水質の悪化にはかなり強いがなにぶん大型魚なので濾過装置も強力なものを用意する。

底面式の補助に上部式をつけるとか二重にしておいて損はない。

 

餌は本当に何でも食べてしまい冷蔵庫掃除のお供にちょうどいい、しかし健康のことを考えて、観賞魚や食用魚用の人工餌を中心に与える。

安く上げるなら、コイ用の餌をベースに肉食魚用の餌を副食程度の与える。

キャベツの葉を与えると、溶ける糞が出て恐ろしい悪臭を放つので要注意。

 

割合おとなしいので混泳相手はあまり選ばない。むしろグラミーが攻撃される側になってしまうので、そのあたりは気をつける。

 

繁殖はパールグラミーなどと似たような形態をとるが、大きさが大きさだ。かなり拾い水槽を用意する必要がある。

 

アナバス

アナバスはこのグループでも少し変わっていて、小型の肉食魚として扱う。水槽は60cm程度のものを使う。

餌付けは肉食魚用の餌なら大抵のものを食べるのでそれを与える。

 

水質は中性で25度から28度ぐらいの水温を保つ。

 

飼育に当たって特別に難しいことはないが、とにかく飛び出しに気をつける。

キノボリウオというだけあって、かなりの距離を移動できるので、もし目撃していても、冷蔵庫やソファーの下に逃げ込まれてなかなか捕まえられなかったという経験もあるので、とにかく蓋はしっかり閉める。

 

また、気性は荒いほうだ。混泳は慎重に行ったほうが良い。

一応、アフリカンスネーク・コウタイ・ナマズ・スピンドルキャット・オスカー・パロットシクリッドセルフィンプレコ・トーマンなどとの混泳している固体は手元にいる。

ここにあげた中で、明らかにアナバスを食べる大型魚は、もちろん幼魚のころの話だ。

 

タイワンキンギョ

 

 

 

元祖熱帯魚。沖縄にも移植と思しきものが生息する。

パラダイスフィッシュとも呼ばれ、これを直訳して極楽魚ともいう。

また、ベタほどではないが押す同士はある程度闘争するのでかけの対象にもされる。

大きさはオスで鰭を含めて8cmほどになる。

青と朱色の段だら模様が非常に映える。

 

 

改良品種に青色を強く表現したブルーパラダイスフィッシュがいて、これはなお綺麗だ。

非常に飼いやすく殖やしやすく言うことなし。

また、アルビノの個体もいる。

 

個体によってはかなり性質のキツイ個体がいて、出目金と飼っていたら目を取られたという話を聴いたことがあるが、これはごく稀な話だ。普通はおとなしく、巣を作っているときでもなければ特に混泳に気を使うような種ではない。

 

水質は弱酸性から中性程度を維持する。

水温は25度程度を理想とするが、かなり耐寒性は強いほうで屋内なら大抵加温なしに越冬する。

 

 

 

 

巣作りするタイワンキンギョ

泡巣の中に白くにごったような部分が見えるだろうか?

これが卵で、この写真をとった3時間後に孵化が始まった。

 

 

繁殖は非常に容易なほうで、あまりメスを攻撃しない分ベタに比べるとかなり容易だ。

 

よく熟したオスとメスを、小型の容器に入れる。闘争しないだけあって、1リットルもないような容器ですら巣を作り産卵を始める。ちなみにこの写真で使っている容器はキムチの容器だ。こんなんでも殖やせる。

 

卵はおおむね丸2日で孵る。

 

数日は親と同居させ、自由遊泳を始めるころに引き離す。

 

この後、親もペアを引き離しておく。実際に一度目の産卵から容器を変えて一週間程度でまた産卵してしまったことがある。ここまで連続して産卵させたりするとさすがに弱る。

 

稚魚の初期試料にはインフゾリアを必ず用意しておくか青水を使う。こうでもしなければ生き残るのはよくて1匹か2匹だ。

 

ブルーパラダイスフィッシュのほかにもアルビノパラダイスフィッシュも輸入される。真っ白だがかすかに原種の模様が見える。

 

原種とブルーはいっしょくたに入荷し、アルビノは区別されるが、血までは区別されて輸入されていないようだ。従って、ブルーパラダイスを殖やしたつもりなのに、アルビノがかなりの割合で混じって生まれることが間々ある。

 

 

 スネークヘッド

 

 

スネークヘッドの仲間は、先に挙げたキノボリウオ亜目の魚類と同様のラビリンス器官を持つため、かつてはキノボリウオ亜目タイワンドジョウ科に分類されていたが、後に分類された。ここではページ数削減のために、アナバス・スネークヘッドとしてのページとする。

英名のスネークヘッドというのは、細長いからだと、蛇に似た頭を持つことからこう呼ばれる。

全体的な特徴として各鰭の棘条が発達しておらず、腹鰭は極端に小さい。

中にはコウタイ・レインボースネークヘッドのように腹鰭のない種もいる。

どの種も鋭い歯がある。

どの種も基本的には飼い易いが、フラワートーマン・バンカネンシススネークヘッドは難しい部類に入る。詳細は種類別のページで。

ほとんどの種は食用に供せられる。プラーチョンの蒸し焼きはうなぎにも勝るという。

カムルチー?を揚げてあんかけをかけたものをかつて食べたがとてもうまかった。

これまでに食べた淡水魚の中で三本の指に入るくらいに。

中国の天水で食べているので地理的カムルチーの可能性が高い

 

そのためか、養殖が進んでいて、プラーチョンはアルビノの個体も多く輸入される。

ドワーフスネークヘッドは「メザシ」にして保存食とされたりナンプラーの材料にされるが、有毒だと思っていて食べない地域もあるという。

 

一方レッドスネークはどういうわけか死ぬと鮮度が落ちやすくあまり食用にはされないようだ。ジェレミー・ウェイドの番組でバッチリ漁をしている映像を見たが・・・

かなり安価に日本に輸入できるのは少なくともエンペラースネクなどというレッドの亜種を除けば、まず養殖しているからである。あまり食べられないというレッドスネークを養殖する理由は「小赤」の」代用だ。

東南アジアではアロワナの養殖も盛んで、これらの餌にするためにスネークヘッドが養殖されている。まさにところ変われば品変わるだ。

レッドの稚魚なら、色も赤いのでアロワナもさぞ見つけやすいだろう。

レッドだけでなくプラーチョンもよく使われるようで、これらの流用が日本にやってくる安価なスネークヘッドだ。

 

 

 

分布域は東南アジアと北西アフリカで2属30余り種が知られている。

アジアのものはChannaというグループに属し、人為的なものもあるが、日本にも生息するカムルチー・タイワンドジョウ・コウタイの三種もこのグループに入る。

 

また、カムルチーにいたっては、アムール流域のロシアや北海道にも分布する。

江戸時代の蝦夷地でカムルチーが生息していたことを示す文献も見つかっている。

 

このグループは大小さまざまで、小さいものはドワーフスネークヘッドの15cm程度から、大きいものはレッドスネークヘッドの1m、長さだけで言えばコブラフィッシュは120cmにも達するという。

 

先にあげた腹鰭を欠くスネークヘッドも全てこの仲間になる。

 

アフリカにいるものはパラチャンナ属(Parachanna)と呼ばれ以下の三種が知られる。

 

アフリカンスネークヘッド

アフリカンシェブロンスネークヘッド

ブロッヂドスネークヘッド

 

この中で一般的なのはアフリカンスネークヘッドのみでほかはあまり輸入されない。

アフリカ産ということもあり、アジアのスネ-クヘッドに比べて高価である。

 

この仲間は鼻先の管が伸びるのが特徴である。

また、どの種も50cmを超えることはまずない。大きさで言えば比較的飼い易い。飼育自体はアジアのスネークヘッドとさして変わらない。

サイズ・体格など、アジアのスネークヘッドのうちで近い種類に準じればよい・

具体的にはアフリカンスネークヘッド・ブロッヂドスネークヘッドはアーモンドスネークヘッドに

ブロッジドは水温を高めにコウタイを飼うような感覚といったところ。

 

 

スネークヘッド全般にいえることだが、とにかく飛び出す。空気呼吸できるから、かなり長いこと大気中にいられるが、こういった事故を防ぐためにも蓋が必須である。ガラス蓋の切り欠きなども要注意ちょっとでも隙間があれば、狙ったかのように外に出ようとする。

大型種では、隙間から出て行くのではなくではなく、蓋を跳ね飛ばすあるいは叩き割って脱出を図る。そのため蓋の強度と重さが重要になってくる。とはいえ、いくら重たく郷土のある強化ガラスのフタをつけたとしても、飛び出そうとすることには変わらないので、固いフタに頭をぶつけて脳震盪を起こすこともある。そのため、ガラスの固い蓋で水槽を覆おうと思ったら、梱包用のビニールシートでふたをくるむなどして、クッションをつけてやろう。

 

アナバスと同様の呼吸器官を持つため、水槽にしっかりと蓋をして、満水にするなど空気をすえない状態になると溺れる。そのため満水位から3cm程度は水位を落としてやる。

 

 

 

 

レッドスネークヘッド 

 

 

 

 

英名はジャイアントスネークヘッド。1mを越え、重量では最も重いスネークヘッドで歯も鋭く力が強い。長さではマルリウスに劣るが貫禄はこれに遠く及ばない。

幼魚期は体色が真っ赤なのでこの名前がある。

 

 

 

これは50cmぐらいのときの写真だが、かなり綺麗に青く発色している。

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

左側の写真のように稚魚は赤い。右側の写真のように10cmぐらいまでにまず一度体色が変化し、25cmあたりから次第に青くなっていく。

レッドスネークというが、このころが最も美しい。

老成魚になると、今度は褐色に変わる。

産地により色合いが変わり、インド産では緑色がかり、スマトラ島産では黒帯と腹の白い部分との境目が紫色になり、エンペラースネークヘッドと呼ばれるものでは、背中に粗い網目のような模様が入る。

 

漁師が水中弩で狙ったが、逆に襲い掛かって手に噛み付き、あわてふためいた漁師は自分の眉間に銛を打ち込んで死んでしまったという事故例がある。飼育下で銛や弩を持って水槽に臨むということはないだろうから、殺される心配はないが、大型個体は歯が鋭く、力が強いので指を持っていかれないように気をつける必要はある。

 

 

 

飼育は簡単なほうだが、割合突進して物を壊すどころか、壁に頭をぶつけて、当たり所によっては鰓の下のあたりを千切ってしまい、血抜きしている魚のようになって死ぬことがあるので中途半端な広さの水槽をあてがうとろくなことが起こらない。

 

またスネークヘッドの中では最も魚食性が強いと思われる種。とにかく餌付けに苦労するものの一つでもある。面倒なので魚肉に餌付けるぐらいしか基本的にしていないし、大きくなったら丸呑みさせる魚に人工餌を仕込むことで栄養の偏りを防いでいる。

 

個体によってはクリルにすら興味を示さないものまでいる始末だ。

稚魚を飼う時はメダカか冷凍アカムシくらいは用意しておく。これならまず間違いなく食べる。

 

ちなみに過去に飼育したスネークヘッドの中で鯉の餌にまで餌付いた種はかなりいるが、ひかりクレストのキャットですら食べない個体もいた。

まだ餌付け用に調合した飼料は試していない。これはいきなりウミヅキチョウチョウウオがつついたくらいのものだから餌付くかどうか見ものだ。

 

繁殖は国内で聞いたことはない。何より国内でやる意味を見出せない。

外務省が何か真珠湾の一件のようなヘマをやらかして、タイと断交になりましたとかそういった事態になったとしても、インド・インドネシアと産地はいくらでもある。

まぁ、いくら外務省でもそこまでのへまはやらんだろう・・・

 

現地での様子は水草の繁茂した場所に巣を作り、ここに卵を産みつける。口内保育はしないようだ。

親は交代で子供のそばにいて、もう片親は巣の周囲をぐるぐると回遊して外敵に備える。

稚魚は巣から離れると、しばらくは集団で生活する。池の写真を見るとまるでコアカの群れのようでなかなか綺麗だ。こんなに目だって帰って外敵に襲われないのかかえって心配になる。

ある程度成長すると、一匹で暮らすようになる。

 

先に割合簡単とは書いたものの、甚だ疑問に思っていることがあるのでこれをまとめる。

 

レッドスネークはどの本を見ても飼育は容易と判を押したように書かれている。

しかし、ちょくちょく仕入れている。が、大体成魚までの生存率は1割だ。

 

なぜか、15cm程度まで持ちこたえると後は丈夫になる。

 

よく死んでいるのを見つけると鰓をバカっと開いて死んでいる個体が多かった。

レッドスネークは空気から直接呼吸できるのになぜ?と不思議に思っていた。

 

ところが昨日水換えした時に、音に驚いて暴れたかと思ったら、一匹が突然狂ったように泳いで鰓をパカっと開いてそのまま水底に仆れた。

 

その時、水流に頭を突っ込み、時折空気中に頭を出して呼吸させるという応急処置をしてその場は持ち返したが翌日に死亡した。

 

幼魚期によく死ぬのは何らかのショック死が原因ではなかろうか?

 

幼魚期にレッドスネークを死なせるのは実はうちに限ったことではなかったようで、95年くらいのアクアライフに載っていた飼育者紹介のコーナーで、当時アクアライフのカメラマンをやっていたスネークヘッド好きの人もレッドを何体か死なせていたようだ。彼の飼育技術も秀逸だから、水が傷んでいたとかそんな下らない理由ということはなかろう。もし同じような状況だとしたら、何らかのショックで死亡していたのかもしれない。

 

同じようなことがよく起こるのはカージナルテトラだ。輸送するとほぼ間違いなく水底に仆れて仮死状態になっている。ところが刺激のない水槽に放つと急に息を吹き返す。この作業でそのまま死んだものは過去一匹しか見ていない。

 

このようなショックが仮死状態になりやすい性質が幼いうちのレッドスネークにはあり、スネークヘッドであるがゆえに仆れると空気呼吸ができなくなりそのまま溺死してしまうというのが実態ではなかろうか?

 

ただし、どういうわけか、問屋で相当追い回してもその場で仆れる個体というのは見たことがない。ひょっとしたら、飼育密度の問題で群れでいることでこの性質が発揮されないとかそういった可能性もある。

 

 

レインボースネークヘッド 

 

スネークヘッド全体で最もよく飼われているもの。小型の種で最大で20cmほど。飼育下では大抵これより小さいので、45cmほどの水槽でも飼育可能。

レインボーの名を冠するとおり、赤・青・黄色が混じって非常に綺麗だ。

以前は青みが強い個体を特にブルーレインボーと呼ぶこともあったが、1998年に発見された新種にブルーレインボーの名を使われたので、現在は青いからといってブルーレインボーと呼ばれることはない。

コウタイ同様はらびれを欠くスネークヘッドで、奇形だ欠損だと騒がないように。

 

インドのアッサム州の沼地で水草の繁茂した場所に住む。食性はフィッシュイーターではなく、甲殻類などを食べる。動きもほかのスネークヘッドに比べて緩慢だ。

 

人工餌に餌付け易い種で、飼育は容易なほうだ。

 

繁殖に関しては近縁のブルーレインボーで繁殖例がある。

複数飼育しているうちにふっくらとした個体とほっそりとした個体が現れる。同じ条件ならこれがほぼ間違いなくオスとメスではっきりわかった個体だけ残してウィローモスを繁茂させた水槽に入れる。

水質の悪化に気をつけつつ栄養価の高いえさをたっぷりと与える。

半分に切った植木鉢などを入れてやると、そこをねぐらにして卵を産み口内保育を始める。

ヨーサックを吸収しきると、時々口から出すようになるのでブラインシュリンプを与え、1cm程度になったらイトミミズに切り替える。

数センチになるころには親が稚魚に攻撃を始めるようになるので、それまでに隔離する。ほぼ同じ方法でドワーフスネークヘッドも繁殖例がある。

 

 

 

 

 

オセレイトスネークヘッド 

 

 

 

通称フラワートーマン。サイズは40~50cm。50cmにもなるのは稀。スネークヘッドとしては扁平な体で、あまりスネークヘッドらしくない。光沢のある緑色を基本とし、体の側面にオレンジ色と黒に近い紫色の花のような模様がある。このためフラートーマンと呼ばれる。一見するとそこまで美しくないが、環境になじみ、水質が適したものになると、どんどん青みが強くなる。

かなり体調のよい個体ではディスカスのブルーダイヤより濃い青になる。

 

飼育には90×45×45cm水槽以上の大きさのものを使う。

 

飼育自体がスネークヘッドの中では一二を争うほど難しい、水質の変化に弱く、特に幼魚は移動させた後にころっと死んでしまうことがある。

移動するときにはしっかりと水合わせをしなくてはならない。

また、幼魚の飼育初期にはブラックウォーターを使うとよい。

また、飼い始めは28度程度の水温とする。ただでさえ難しいものに余計な病気などつけられたら絶望的になる。

 

幼魚のとき以外でもブラックウォーターにしたほうが体色はより綺麗になる。

大型魚ではpHno急降下を避けるためにサンゴ砂を使うことが多いが、フラワートマンに関しては体色が褪せてしまうので綺麗に飼いたいのであれば使わないほうがよい。その場合は水質の急変を避けるために、ちょくちょくpHを測る必要がある。

 

幼魚は弱いが、ある程度成長してからも安心できない、混泳した場合、力はあまり強くないのに気だけは強く、ほかの魚に手を出して返り討ちに合うことがしばしばある。よって、混泳は避けたほうが無難。せいぜいプレコぐらいにしておこう。

ただしスネークヘッドの中では温和な性質で、同種を二引き入れても争わないことがよくある。90cm水槽で少々手狭な感じはするが、二匹飼うことも可能。

餌は、比較的餌付け易いほうだがそれでもなかなか人工飼料を食べてくれない。

基本的にフラワートマンはフィッシュイーターであり、金魚などの生餌を使うとよく食べる。

しかし、栄養状態は体色に影響するので何とかして人工餌に餌付けたい。

 

以前飼っていた個体はテトラのディスカスフードを食べるまでに慣れた。この個体は12cm程度のころからディスカス顔負けの青さになっていた。

 

国内では繁殖例を聞かない。形態的にはレッドスネークヘッドに準じると思われる。

 

 

チャンナバンカネンシス(バンカネンシススネークヘッド)

 

 

 

バンカスネークヘッドとも呼ばれる。なになにバンカネンシスと付く熱帯魚は多いがチャカバンカネンシスとかチャンナバンカネンシスというように、最小種名が後ろに来るのが自然なので、チャンナバンカネンシスと学名のまま呼んでいる。リストにもそのように書くのでご了承のほどを。

最大で30cmほどの小型のスネークヘッドで、レッドスネークやフラワートーマンのように積極的に動き回らず、60cm程度の水槽でも十分飼育できる。大きさでいえば飼いやすいほうだが、スネークヘッドの中では飼育が難しいほうだ。

フラワートーマン同様ブラックウォーターが適していて、水質の変化に弱い。

移動のときは特に慎重に水合わせをしないところっと死ぬことが割合良くある。

 

割と見かけない種なので見かけたらすぐに手を出したくなるが、ボーっと水面近くを漂っているときなどは要注意。既に乱雑な移動をされて余話手いることもある。

 

あまり積極的に金魚などを追いかけて捕食する姿を見たことがないので、弁とス食性に近いのかもしれない。

冷凍アカムシで慣らしてから、人工餌に移行させるのがいいだろう。

 

ブラックウォーターで飼育していると赤みを帯びてくる。写真によっては薄い赤レンガ色のような個体も見かける。

 

カムルチー

スネークヘッドで最北の地域に住む種。中国の江南あたりの南方からアムール川あたりにまで生息している。

日本にはスネークヘッドの在来種はいないとされてきたが、最近になって江戸時代の文献に蝦夷地にいたということがわかった。

移植されているのは日本だけでなくアメリカにも移植されている。

あちらでは、ハクレンともども殖えすぎて厄介な外来魚となっているが、日本では環境の悪化であまりいない。西日本九州あたりまで行くと割りと見かけるらしい。

 

かなり大型になる種で、最大120cm程度。なかなかがっちりとした体つきで、長さもレッドスネークより大きいから、最大種とも言えるだろう。

最大サイズまではめったにならないので、120×60×45cm水槽くらいは用意する。

動いて口に入れば何でもくらい付くというくらいで、餌付けに苦労することはない。飼育はかなり容易な種だ。

一般的に魚類を飼えるような環境なら、大体どこでも耐え抜く。

設備的には他の大型スネークヘッドに準じる。

 

屋外で飼育することも可能だが、冬の間は水カビに侵されないように気をつける。

 

 

 

 

 

 

コウタイ

 

 

 

 

最も飼育しやすいスネークヘッドと思われる。

中国・台湾・石垣島などに分布する。中国名では七星魚。体の青白い模様からこう呼ばれる。

 

英名はキャリコスネークヘッド。まだら模様のスネークヘッドという意味。

 

日本語のコウタイってのはなにが由来なんだか分からない。高砂族あたりの言葉かな?

 

台湾産のコウタイには黒い横縞模様がないという。実物を見たことがないのでなんとも。

 

最大35cmほどになる。日本でも室内なら加温なしに越冬する。

よって60cm程度の水槽でも充分飼育できる。

 

これが一番飼いやすいという所以。

 

また、成長速度がすさまじく速い。2012年に開発した餌付け用の人工餌を使ったお客さんの話によれば半月ちょっとで7cm程度の個体が15cmを越えたとか。

早いのは良く知っていたけど、ここまで早いとは・・・

 

餌付けは簡単なほうで、ワイルドの成魚を買ったとかいうのでもなければ大抵人工餌に餌付く。

以前買っていた個体はコイの餌で育てたくらいだ。それでも5cmほどの稚魚で買って、一年足らずで30cmほどになった。

 

無加温の場合は冬に餌はやらないほうが良い。やるとしてもごく少量。

屋外なら氷が張っている間は絶対に与えてはならない。

 

最近は輸入量ががくっと減っているのが痛いところ。

まあ、むやみに買われて放流されるよりはマシだ。

 

性質は「酔っ払ったチンピラ」と便所の落書きに書かれているように非常に荒い。ただ、個体差はある。先の急成長した個体は、ドジョウにすら手を出さないとか。

 

スネークヘッド同士はまずうまくいかないと思われる。

 

水質は弱酸性から中性。水温は5度から32度程度まで耐え、18から28度が適温となる。このあたりで調整すればいい。

 

なにぶん無加温で飼われることもあるから、水カビ病には気をつけるべきだ。

 

アーモンドスネーク

 

 

 

主にタイに分布し40cmほどになる。幼魚と成魚で全く柄が違う。

5cmほどの稚魚が一番輸入されるが、時折1,5cmほどの超小型の個体が輸入されることもある。

また、飼い込むと若干赤みを帯びるがバンカネンシスほどではない。

 

一見してバンカネンシスにも似るが、こちらはバンカネンシスのような飼育上の難しさは持ち合わせていない。他の種に準じて飼育すればいい。

 

二枚目は幼魚。

 

性質は比較的おとなしいほうで、大きさ的な意味でも混泳はフラワートーマンと同様に扱っている。

 

コブラフィッシュ・マルリウススネークヘッド

 

 

 

 

 

学名はともにChannna mulrius よって学問的には同種の魚だ。

インドから中国にかけて分布し、アメリカのどこの州だったかは覚えてないが、割合北のほうで緯度が東北に近いようなあたりでは放流されたものが野生化して大問題になっている。その耐寒性は後述する。

 

幼魚は鮮やかなブルーで、背中にこれまた鮮やかな黄色の帯が入る。

このため、かつてはブルースネークヘッドと呼ばれていた。

 

幼魚期にこの配色を持つ種には他にトーマン・イザベラスネークヘッドがいて、なかなか見分けがつかない。

イザベラはよく知らないが、少なくともコブラはその名が示すとおり最も蛇に似た顔立ちをしており、特徴的な扁平な頭を見ればいい。

トーマンは体格ががっちりとしていて鼻管が長い点を見る。

つまり、マルリウスはこの中では特徴がないことが特徴とも言える。

 

コブラフィッシュ・マルリウスは共に120cmほどまで成長する。

長さでは現在知られているスネークヘッドの中で一番長くなる。

やはり重さはレッドに劣る。

 

だって、一緒に飼ってるレッドとマルリウスの長さがどう見ても同じくらいなのに、明らかに体格ではマルリウスが劣ってるのだから、わざわざ量ることないでしょ?

 

 

飼育はレッドスネークに準じる。

イザベラもかなり近縁な種で、これに準じる。

 

さて、お待ちかね?この種の耐寒性だ。

2012年に10匹のマルリウスを使って実験してみた。

 

結果は大失敗。

11月まで持たなかった。水温は12度ほどで、ピラニアが仮死状態になった温度とほぼ一致する。

 

ただし、やったのがマルリウス一種だったということも注意しなければならない。

 

分布域がマルリウスのほうが南によっているような気がする。

この点を考慮すると、コブラは耐えられるのかもしれないが、マルリウスよりは輸入量がずっと少ないようなので、しかもマルリウスより大きい個体をよく見かける。よって値段は3倍ほどだから、見つけて実験しても、数匹でしかやりたくない。やっても、データとしてバラついてしまうのが気がかりなところ。

 

 

 

 

スチュワートスネークヘッド・ブルーギャラクシー

 

どちらも同種で、共に30cm程度に成長する。

インドに分布し、93年に日本輸入された。

 

スチュワートは、青みがかった灰色の体で、尻鰭が鮮やかな青色になる。

 

ブルーギャラクシーはより濃い青色で全身が染まる。

中二病丸出しな名前だが流通名なのでもうしょうがないw

 

大きさは大したことはないが、比較的よく動くので60cmレギュラー水槽で飼育するには少々厳しい。

 

そこで一回り大きな60×45×45cm水槽を最終的に用意したほうがいい。

 

魚食性が強いので、比較的水を汚しやすい。この大きさの水槽だと、レギュラー60の機器を流用することが多いが、上部式フィルター一台だと、若干心もとないので、何がしかサブフィルターをつけるなり、水換えのペースを上げるなりの対処をする。

 

また、少々気が荒いので単独飼育を推奨する。

最近はブルーギャラクシーに押されてるのか、スチュワートをあまり見かけない気がする。気がするだけかもしれない。

 

パラチャンナの類

 

 

 

アフリカンスネークヘッド・アフリカンブロッチドスネークヘッド・アフリカンシェブロンスネークヘッドの三種が知られる。

 

いずれも鼻管が長いのでアジアのスネークヘッドの判別は非常に容易。

アフリカンスネークヘッドとブロッチドはかなりの近縁種。で、違いは各鰭にも模様が載るのブロッチドで載らないのがアフリカン。

アフリカンは時折はいって来るが、滅多に流通しないレア種。

40cmほどに成長する。

シェブロンも珍しい。これらは見つけたときが買時だ。

この手のパラチャンナはいずれも砂に潜る性質がある。よって導入当初は落ち着けるために目の細かい砂利や砂を敷くと早く落ち着く。

飼育自体は概ね他のスネークヘッドに準じる。

 

 

インディアンスネークヘッド

 

 

 

その名の通りインド産のスネークヘッド。最大30cmほどになる。

丸っこい体形で、ハゼのような動きをし、水底を這い回ることが多い。

動きがはぜに似ているのは関係ないのか?と思わせるほど気が強い種でもある。

 

個体によっては黄色味が強く出るものもいる。このような個体が人気はあるが、人気があるだけあって、そういるものではない。

通常は写真のような個体だ。ただしこいつは尾鰭を食いちぎられて失ってる。

餌と誤って根元からがぶりとやられ、随分と出血していて確実に死ぬかと思ってほったらかしにしていたが、何事もなかったかのように快復したので、完全にペットと化している。もう少し傷が浅ければ抗菌剤を入れるくらいはしたが、そうしようとも思わなくなるほどの重症だったので感心している。

 

飼育は容易で、スネークヘッドの類では、餌付けがしやすいほうだ。

比較的小型の種で、しかもスチュアートのように動き回ることもあまりないので成長期に少々餌を控える程度で60cmレギュラー水槽でも十分終生飼育できる。もし大きくなっても60×45×45水槽程度で十分だ。

 

近縁種にイラワジスネークヘッドがいる。その名の通りイラワジ水系に分布する。地域変種程度の違いなので飼育上特にインディアンと変らないがこちらのほうが珍しいだけあって高価だ。

 

プラーチョン

 

 タイを中心に分布し、大きさは30cm~90cmになるという。本によって記述がバラバラだし、長期飼育したことがないから良くわからん。

ブラックシャークの最大全長の表記と同じ。

タイ料理屋でスネークヘッドを食べられるとしたらまずこの種だ。

特別難しい種ではないが、戦いには弱いようで、同大のアーモンドと飼育したらあっさり先住のプラーチョンだけ全滅させられた。

 

そのあっさり全滅させられる間の2週間ほどしか飼育したことがないのでとりあえずここまでしか書きようがない。

 

バイオレットスネークヘッド

 

情けないことに過去に飼っていた個体は頭の写真しか残っていない。

最大90cmになる大型種。黄色とすみれ色の配色がきれいだが、年とともに若干変化し、黄色が濃く中黄色に近いほど鮮やかになってくる。

じっくり飼ってやると、鰭が伸長しやすい種で、ぜひとも単独飼育してもらいたい。

 

過去に長期飼育したのは引き取りの個体で、40cmほどから飼い始めた。この個体は飼育当初はなかなか餌付かず苦労させられたが、最終的に鯉用の餌に餌付いた。高校生の時から飼育していて8年ほど飼ったが、45cm程度にまでしか成長せず、鰭が伸長するばかりであった。そのため8年間ずっと90cm水槽にいた。この個体は地震の時に驚いて飛び出したようで帰ったら床に転がっていたという最期だった。

 

水温は熱帯魚が要求する25度前後が理想だが、先の個体を買っていた環境は壁際で冬には思っていたより水温が下がるようで、16度ほどにしかなってなかったというのに最近気づいたくらいだから、かなり低温に耐える種なのだろう。とはいえあえてやるようなことでもない。むしろ当時気づいていたらさっさとヒーターを入れていた

 

大きさの面でも最大90cmとは言うが、かなり小さく収まるようなのでとりあえず90cm水槽が用意できれば問題なかろう。

 

人気種で数が少ないため価格はスネークヘッドの中ではいつまでも高価だ。

 

 

ドワーフスネークヘッド

 

最大15cm程度。今のところこの種が最小種。ただし、地域によっては若干大きくなる。確か東京タワー水族館で99年くらいに見たが、どこのものとは書いてなかった。

 

タイ・インド・ベンガル産のものが出回る。それぞれなかなか美しい色合いだが、産地によって値段は変ってくる。少し時間をかけて慣らせば人工餌を受け付ける。

 

飼育上難しいことは何もない。大きさの問題を含めて最も飼いやすいスネークヘッドともいえる。

 

大きさにもよるが、稚魚から飼い始めればギリギリ30cm水槽ですら飼育できる。ホントは40cmくらいは欲しいが。

 

最近の住宅では気密性が高く室温がなかなか下がらないので、室温なら無加温で越冬することもある。あえてそうする必要はないが、そうする時はミズカビに気を付ける。