熱帯魚図鑑

コイ目

 

コイの仲間はスズキ目についで魚類のなかでも種類が多く、淡水の魚類の多くはコイ目に入る。

南米を除くほとんどの淡水域にその姿をみウことが出来き、おおむね3200種が存在する。

日本ではコイ・タナゴ・ドジョウなどが分布し最もなじみのあるグループとも言える。

 

コイの類の特徴は顎に歯がなく、咽の奥に咽頭歯という歯があるのが最大の特徴である。

したがってコイ目の魚類のほとんどは餌を丸呑みにし咽頭歯で咀嚼する。

このグループには魚類最小のドワーフ・フェアリー・ミノー学名(Paedocypris progenetica 

がいる。この種は最大オスで10mmメスで8mmという極めて小さな魚類で、PH(水素イオン濃度)3という通常の雨の10倍ほどというきわめて強い酸性の酸泥炭地で生息するという珍しい魚であるこのようにかなり特殊化した生き物もいれば、コイのように、水さえあればたいていの環境でも生きていけるようなものまでいる。

 

飼育魚としても非常に幅広いグループで、プンティウスの仲間のように色彩のきれいな小型魚を水草を植え込んだ水槽で軍営させるような飼い方から、3mパーカーホーのように大型水槽で1匹ないし少数の個体をゆったりと飼うことも出来る。

 

多くの種は雑食で餌に困るようなこともなく飼いやすい。

一部の種類はブラックウォーターと呼ばれるピートなどから浸出したタンニンなどを含む水で飼うといっそう美しくなり、こういった環境では繁殖もさせやすくなる。これは他のカラシンなどにもいえる。

また、ブラックウォーターでの飼育に適した生き物はたいてい新しい水を好まない。

行き届いたろ過によってゆっくりと酸化してph6ぐらいの頃が一番色彩が際立つ。

 

 

エンツユイ 

 

 

 

 

長江東部揚子江の流域に分布し、100cm以上になる。幼魚の頃は褐色と薄いベージュの「パンダ柄」でいかにも中国のものといった感じである。

背鰭をピーんと立てて水底を「ハミハミ」と移動し採食する。

 

この姿は幼魚特有のもので、40cmを越える頃からだんだんと体高がなくなり、背鰭も体に対して小さくなってゆく。70cmを越える頃から色合いが変化し始め、最終的に臙脂色の体に褐色のストライプが入るようになってくる。

 

エンツユイは本来温帯魚であるが、なぜか熱帯魚扱いされている。

そしてなかなか成長させられないと定評がある。

エンツユイは本来北米に分布するサッカー目というコイの仲間で、アジアにいるのが不思議なくらい変わった魚だ。学名にasiaticsとやたらアジアを強調するような名前もこういったことからだ。

 

ということは、他のサッカー目の魚に合わせた飼育方法をとったらよいのではないか?

ということで、高校生のときに試してみた。

 

サッカー目は概して高温に弱い。そこで水温を25度以上にしないよう水槽用クーラーを取り付けた。

 

もう一つ知りたいのは、長江とその流域の水質だ。

 

ここで参考にしたのは中国金魚の孔雀オランダだ。孔雀オランダというのは更紗オランダにさらに黒い模様が混じった模様だ。三色オランダともいうが、透明鱗や浅黄色を持つわけではないので、東錦とは待った区別の品種だ。

 

この品種やパンダ蝶尾はよく黒い色が褪せる。特に孔雀はだだの更紗オランダになってしまう。日本に来てから早ければ半年ほどで黒が落ちる。しかし中国の個体を見るとかなり大きな個体でも黒さを残していたので、明らかに何かが違うのだ。

 

これを防ぐのにアルカリ性の水を使うといいと聞いたことがあるので金魚で試したらある程度うまくいった。中国で金魚を作るのに適しているのは江南だ。おそらく江南で作られているはずだから長江流域も下流のほうならアルカリ性に近い水質であると読んだ。

 

そこで、水質はサンゴ砂を使い弱アルカリ性の硬水としてみた。

この実験は失敗に終わった。以降2011年までの7年間エンツユイに手を出せないでいた。2011年にエンツユイに手を出してみた。今度は口の形に着目し、ベントス食性であると仮定して、餌を比較的多めにしてみた。というのも、餓死する個体が多いように感じたからだ。ところが、フレークフードを日に二三度与えても痩せてきてしまった。

 

こうなっては水槽が勿体ないので、屋外の水槽に棄てるつもりで放した。ここは水底に汚泥が多く溜まり、藻類も赤成り繁茂してしまっているような水槽だ。その後数ヶ月して、掬ってみたら生きていた。生きていたどころか、丸々太っていた。

 

この結果から死亡する個体の大半が餓死ということがわかった。

 

このころ、11月になり寒くなってきた。そこで、越冬のために温室に撤退するか迷った。目白にある某大学の池に巨大なエンツユイがいるという話を思い出した。池にいるなら問題なかろうと放置を決め込んだ。越冬にも成功し、春に掬ってみたら丸々と太っていた。

 

屋外の池で飼育するほうがいいだろう。

屋外で飼っている個体が写真の個体だが、かなり赤っぽい。発色も良くなるようなので屋外飼育を推奨する。

フードタイマーを駆使してとにかく飢えないように気を使えば長期飼育も難しくはなかろう。

 

 

スマトラ

 

 

 

 

スマトラはその名の通りスマトラ島に住む小型のプンティウスというコイの仲間。小学生のころに見たとき、ベージュ色と深緑色の体色が虎を連想させるからスマトラだと思っていたのは内緒。6cm程度に成長する。

 

飼育は非常に簡単でめったなことでは死なない。

水槽は少数で飼うなら30cm水槽で十分。

水質は弱酸性から中性を保つ。

水温は26度前後が適しているがゆっくりと慣らせば18度程度でも問題ない。

 

餌は小型魚用の人工飼料に簡単に餌付く。

 

水草との相性は雑食ゆえに新芽などは食べられることがあるので、その点に注意する。

 

単独での飼育上の注意は殆どないが、混泳にはなかなか気を使う。

まず、エンゼルフィッシュやグラミーのようにひらひらした魚は鰭をかじられるので入れられない。

エンゼルフィッシュとスマトラの組み合わせは、相性の悪い熱帯魚の代表のような組み合わせだ。

また、6cm程度とはいえそれは長さの話であって、体高があるので意外と大きくなる。よって小さいネオンテトラなどは食べられる。

 

混泳にさえ気をつければ、飼いやすくてなかなか綺麗な魚。

 

ただし、金属には気をつける必要がある。鉄分の多い砂や、うっかり鉄釘や銅

片などが水槽にはいったままにならないように特に気をつける。

今では信じられない話だが、かつてスマトラは飼育の難しい魚といわれていた。

 

これは当時の安価な水槽は底板にガラスを入れず、金属が露出していたため金属イオンの中毒によって死亡したためである。

 

 

繁殖は容易で、雌雄の判別は腹鰭の末端を見る。末端まで赤く染まったのがオスでメスは末端まで染まらない。

よく熟すとメスは腹に卵を持ち膨れる。

 

 

 

このペアを他の水槽に移し、水槽の真ん中に棕櫚の皮で作った輪や水草を入れて魚巣とする。産卵が終わったら親を取り出して緩めにエアーレーションする。このときに一度マラカイトグリーンを入れて卵を殺菌しておくといい。

卵は一週間もしないうちに孵化する。孵化した稚魚にはインフゾリア・粉末の人工餌・ブラインシュリンプなどを与える。

 

 

 

ブラックルビー

 

 

 

スマトラによく似ているが、縞が一本多い。あまり輸入されないが、稚魚は体高があまりなく、色も薄い。

成魚ばかり輸入されるので高価である。

 

ブラックウォーターで飼育すると赤い部分が強く発色して美しい。

弱酸性の軟水で飼うことを強く推奨する。

 

そのほかの飼育方法はスマトラに準じる。

 

 

 

クラウンローチ

 

 

 

日本で有名なアユモドキに近いボティアの仲間で最もよく飼われるものの一つ。

ドジョウの一種と思ってもらえば差し支えない。

クラウンローチは最大で30cmほどになるが、飼育下ではなかなかそこまで成長せず、せいぜい十数センチどまりだ。

飼育は比較的容易だが、やせないようにこまめに餌を与えることと、高水温にはさらし続けないように気をつけたい。

 

混泳はあまり難しくない。あまり大きな個体だと、口に入るような魚は食べてしまう。

 

水草との相性はあまりよろしくない。砂を掘り返す性質があるので、鉢植えにして植えるなどの工夫が必要だ。積極的に草を食べるわけではない。

 

本来の砂地をあさる性質を阻害しないためにも砂は敷いておいたほうが良い。

 

鱗がないためか、よく白点病になる。このため、移動の後は必ずマラカイトグリーンを薄めに投与するか、水温を28度程度にしておく。

砂をあさる性質から、エロモナス症も良くかかかる。そのため砂の中は水換えのときに換水ホースなどで汚れがたまらないように吸い出してやる。

眼の下に眼窩棘という棘があり、これで仲間同士小競り合いをする。扱うときはこれに刺されないように、また網に引っかからないように気をつける。

 

ほぼ同じ方法でレッドフィンブルーボティア・イエローフィンブルーボティア・スカンクボティアなどが飼育できる。ただしクラウンローチよりはどれも気性が荒いのでその点は気をつける。特にスカンクボティアの気の荒さはハンパじゃない、混泳は難しい。

 

パキスタンローチ

 

 

 

 

 レッドフィンブルーボティア

 

 

 

 

テンチ

 

 

テンチは学名をTinca tincaという。西欧のスカンジナ半島とスペインの南端以外のほぼ全域からアジア北部とスゴーく広い範囲に分布する。

止水域に多く、清らかな流れには稀だという。

コイよりも低酸素に強いようで、基本的に夜行性のようだ。

大きさは最大で70cm程度、飼育下では20cm程度であろう。

大型個体の顔つきはまさにコイそのもの。

本来の色はオリーブグリーンで、緋色と更紗のものがいる。

更紗のものは下に絵図を載せる。

 

 

適水質は中性の軟水で水温は0度から32度くらいに耐え、適温は18度から25度。バイカル湖にすら生息しているというから、低温への耐性は折り紙つきだ。

西欧全域に住むことから考えると、弱アルカリ性から弱酸性まで耐える。

 

鱗が非常に細かく鮎のように表面はぬるぬるとした感じだ。

この粘液に他の魚が傷ついた患部を擦り付けて、傷を治すという伝承があることからドクターフィッシュと呼ばれる。

 

食性も口の形から、金魚と同様ベントス食性かと思われる。

ということは殆どの餌を受け付けるということ。

 

なるほどまさにコイのような存在だ。

これなら、食用などに養殖されていたものの中から色変わりが出て観賞用になるというのも容易に想像が付く。

 

繁殖はコイと似ているが、卵の数は多いときで三十万個にもなるという。

卵は緑色だそうだ。

 

非常に飼育しやすいと思われるが、大問題がある。

日本で見たことがないのだ。

ためしにテンチでググって見て欲しい。

画像検索でも数件引っかかる程度だ。これを書きながら調べてみたら一件販売していたところがあったので輸入はされているみたい。

そしてWikiにものっていたので大幅に追記できた。

 

ちなみにTinca tincaでググるとかなりの件数が引っかかる。

西洋では一般種なのに。

 

まあ、繁殖方法をまともに書いてみたところで親になる個体がほとんど輸入されていない以上あまり意味がないな。

 

見たところ粘膜で覆われて鱗が非常に小さいことから、スレ傷には弱いと思われるので、導入直後にはアクリノールでの消毒と粘膜保護剤の併用をしたほうがいいかと思われる。

 

 

 レッドテールブラックシャーク

 

 

タイに分布する。真っ黒な体に赤い尾鰭が印象的なコイの仲間。

かなりしゃれたデザインだ。

12cmほどに成長する。稀に15cmほどにまで成長する個体もいる。

 

飼育は非常に容易で、適水質は弱酸性から中性だが、弱アルカリ性にも耐える。

 

水温は26度前後を保つ。

 

餌は各種人工飼料・イトメ・アカムシなど何でも食べる。

 

水草をいためるようなことも特になく、いいこと尽くめだが問題もある。

 

とにかく気が強い。同種で飼育は、よほど過密に飼うか、水草や岩組みで隠れ場所をたくさん作ったような水槽でないとまず成功しない。

 

同大の魚も混泳するときには注意が必要だ。小型魚を多く入れた水槽にアクセントのように入れるとよい。

 

繁殖は、同種で激しく争う性質から難しい。

雌雄の判別方法も知られてはいない、ある程度成長してふっくらしたのがメスだろうとしか言いようがない。

 

スマートな個体とふっくらした個体を水草の繁茂した水槽で飼い込むと繁殖させられるかと思う。これだけ養殖されているのだから何か方法はあるはずだが、この種に関する記事を見た記憶がない。

 

以下に近縁種を挙げる。

 

レインボーシャーク

レッドテールブラックシャークに近縁な種で、こちらは少しほっそりとしていて色が薄く、背鰭・尾鰭・腹鰭が朱色に染まる。なにがどうレインボーなんだかわけがわからない。レッドテールブラックシャークよりは幾分おとなしいが、同種では争う。飼育繁殖方法はレッドテールブラックシャークに準じる。

アルビノレインボーシャーク

レインボーシャークのアルビノ個体。こちらもよく売られている。

アルビノとはいえ、鰭の朱色は健在でかなか綺麗だ。

飼育等はレインボーシャークに準じる。

 

ブラックシャーク

これもレッドテールブラックシャークに近い種であるが、最大30cm程度にまで成長する。気性は荒い。力が強いので水草はなぎ倒されてしまう。

そこで、アマゾンソードなどを鉢植えにして入れてやるといい。

 

同大の魚を組み合わせるのがいいだろう。

その他の飼育方法はレッドテールブラックシャークに準じる。

 

アカヒレ

 

中国の広州白雲山周辺に分布する。

このためかつてはホワイトクラウドマウンテンと呼ばれた。

白雲山をそのまま英語にしただけだ。

広州は位置的にはかなり南方で、広州は始皇帝の置いた南海郡だ。なかなか温暖な気候ではあるが、アカヒレは低温にも耐え、関東なら室内であれば無加温で充分に越冬する。

 

また、最大4cm程度にしか成長しないことから「コップで飼える熱帯魚」として瓶詰めにされて売られることもある。

 

非常に飼いやすい。幼魚のころは体に細いブルーのラインが輝きなかなか綺麗だ。このため昔は「貧乏人のネオンテトラ」とも言われた。

 

飼育に難しいことは何一つない。水温は室内常温で十分だ。加温するなら26度前後を保つと理想的だ。

 

水質は弱酸性の軟水かで飼育するのが理想的だが、弱アルカリ性の硬水まで順応する。

 

餌には粒の細かい顆粒飼料・粉餌・フレークフード・ブラインシュリンプなどを使う。まず食べないことはない。

 

繁殖は、よく熟してくるとメスは卵を持ち腹が膨れる。同じような環境で飼っていて細りとした漢字の個体がいれば高確率でオスだ。これをウィローモスなど細かい葉の水草が茂った水槽に入れておく。

そうするといつの間にか稚魚がいる。

稚魚を確認せずとも、ペアを入れてから一週間ぐらいしたら、インフゾリアなどを定期的に撒いておけばいい。そうすれば姿は見えずとも餌はあるのである程度育ってからご対面できる。

産卵や千代の存在を確認したら親は取り出しておいたほうがいい。

 

繁殖が簡単なだけあって非常に安価で、熱帯魚のえさとして利用される。

メダカをまだ食べられない肉食魚の幼魚によく使われる。

 

改良されたものに体が黄色くなるゴールデンアカヒレや、鰭の長くなるロングフィンアカヒレがいる。

 

ベトナムアカヒレ

アカヒレの近縁種でもう少し南のベトナムに棲む。

こちらは26度程度に保温してやる。そのほかのことはアカヒレに準じる。

 

ゼブラダニオ

インドに分布し4cmほどになる。紺色と金色の縦縞模様が綺麗なゼブラダニオはアカヒレ同様餌として使われることもある。従って小さな個体は非常に安価な場合がある。

 

飼育はアカヒレに準じる。

 

水温の問題は、一応室内ならぎりぎり越冬できるようだが、寒波などが来たときには耐えられない可能性があるので保温しておいたほうが良い。

 

繁殖は、非常に古い方法だとビー玉を敷き詰めた水槽にペアを入れておく。産卵が終わると卵を食べてしまうが卵は沈むので、ビー玉の隙間に入るので食べられずに済むというわけだ。

 

水草を半もさせた水槽に入れ、産卵が終わったら親を取り出すという方法が取られる。このほうが効率が悪いと思うのだが・・・

 

雌雄の判別方法は、よく熟すとメスはオスより大きくなり、卵を持つとパチンコ玉を飲み込んだかのように腹が膨れる。

 

改良種にロングフィンゼブラダニオがいる。

 

レオパードダニオ

レオパードダニオもゼブラダニオと同じ方法で飼育できる。

ゼブラダニオに混ざって輸入されることが多い。

改良品種にロングフィンレオラードダニオがいる。

 

パールダニオ

インド・スマトラ・ミャンマーに分布する。青い体に金色の帯が入りかなり綺麗な魚だ。飼育繁殖はゼブラダニオに準じる。

こちらはゼブラダニオのようにえさ扱いされることはないので、大抵100円以上の値はつく。

 

シルバーシャーク

タイヤボルネオ島に分布する中型のコイ。コイでシャークと付くがレッドテールブラックシャークなどとはかなり離れている。

最大で40cm程度になるが水槽で飼育するとせいぜい30cm程度にしかならない。

 

従って60cm水槽でも飼育できないことはないが90cm水槽で複数飼育するほうが面白い。

 

性質は温和で、口に入ったり知るような生き物や、本種を口に入れてしまうような生き物でもなければまず混泳に問題はない。

 

餌は人工餌でもほぼ何でも食べる。

一つ問題がある、水草を積極的に食べることだ。

 

混泳相手にはメチニスなどがいいだろう。

トリミングして余った水草をここで処分するとせっかく生えた水草を無駄にしないで済む。

 

 

ラスボラの類

ラスボラの仲間は東南アジアに分布する小型のコイで、マクラータの2cm程度から、大きな種でもスマトラナの10数cm程度である。

 

どの種も幅広い水質に適応し弱アルカリ性という本来不適当な水質でも生き延びる。

 

しかし、本来の美しさを引き出すのであれば弱酸性の軟水で飼育するのが常道だ。水質調整剤を使ったり、長いこと魚を飼育して、少し酸性に傾けた水を使う。ここに水草を密に植えて、ここに群れを成させて飼うのも良い。

 

とにかく色を出したければ、これにピートやブラックウォーターエキスを加えてブラックウォーターにしてしまうとなお良い。なお、水草を育てているのであればミズに色が付く分光は届きにくくなる。薄めに使うとか、あまり強い光の以来水草に限るなど工夫をする。

 

ラスボラの仲間は、下手なテトラと違って、この仲間であれば水草を食い荒らすようなこともないので、安心して水草を繁茂させた水槽に入れられる。

 

餌は、小型魚用の人工飼料やブラインシュリンプを与える。

 

水温は25度前後を保てばまず問題ない。

 

繁殖はブラックウォーターを使うといい。ふっくらしたメスとスマートなオスを見極めて、ペアを作りブラックウォーターにした水槽に入れる。ここには水草などを入れておく。稚魚にはインフゾリアを与えて育てる。

 

少々難しい部類だ。

 

この仲間は特別掛かりやすい病気があるわけではないが、いかんせん安価だ。安く売られているときにはすれ傷などに注意する。あまりに鰭がボロボロだとかこういったときには購入を控えたほうがいい。体が小さいものだけに小さく見える傷でも致命傷になりうる。

 

 

 

タニノボリの類

 

チャイナバタフライとかボルネオプレコの仲間のこと。

東南アジアの渓流の岩場に棲み、タニノボリの名のごとく、水が滴り落ちる岩場を鰭が変化してできた吸盤を使って登り、体の下に付いた口でコケをむしりとるようにして食べてゆく。

 

飼育に当たっては、まずとにかく高温にさらさないことだ。水槽用クーラーを使ってでも18度から23度程度までに調整しておく。

低温を好む魚はえてして溶存酸素濃度の高い水好み、タニノボリも例外ではない。また、亜硝酸塩濃度も低く抑えねばならない。従って濾過槽もいいきめにする必要がある。

 

さて、温度の問題はどうにか解決できたとして、問題は餌だ。

先にも書いたがコケをむしりとるようにして食べる。じゃあ、草食だからプレコタブレットでも・・・というわけにはいかない。

オトシンもそうだがなかなかプレコタブレットにも餌付いてくれないのでコケを食べさせる。

 

彼らが満足に替えるだけのコケを作るとしたら、コケを作るための水槽を用意したほうがいい。

 

たとえばコケの生えたガラス板を水槽の内側に立てかけてやる。これを食べつくす前に、もう一本の水槽にガラス板を入れておきコケを作っておく。このガラス板をローテーションさせて餌を切らさないようにしてやる。

 

なお、コケ製造用の水槽は液体肥料をたっぷりと入れて、水深を浅くしておくといい。コケにとって水など、光の吸収を妨げる壁でしかない。

 

繁殖は非常に難しい。飼育するだけでこれだけ手間が掛かるのだ。まずはしっかり飼い込んでやる事から考えたほうがいい。

 

そうそう、コケの生えている場所巡って同種で争うこともあるので、複数買うときは当然ガラス板も引数分立てかけてやる。

 

 

アルジーイーター

アルジーイーターというのはコケを食らうものという意味。タイに分布し最大25cmほどになる。幼魚のころは流通名の通りコケをよく食べて重宝するのだが、8cmを越えるころには性質が荒くなり平べったい魚を攻撃するようになるわコケを食べなくなるわで持て余す事も多い。

 

飼育に当たって難しいことは特にない。人工飼料は殆どのものを受け付ける。

 

水質も弱酸性の軟水から弱アルカリ性にまで耐え、水温も25度前後を理想とし、18度から30度ぐらいまでの範囲で耐える。

 

ちなみにアルジーイーターが食べるのは茶色いコケが殆どで、その他のコケはあまり興味を示さない。

 

形や性質は変わっていて面白いので、大きくなったら中型魚を飼育している水槽で飼うのも面白いかもしれない。

でっかいアルジーイーターなんてそうそう売っていないから珍しいことは珍しいぞ。

 

改良品種に、黄色実を帯びたゴールデンアルジーイーターがいる。

こちらのほうが多く流通しているくらいだ。


フライングフォックス

 

タイに分布するコイの仲間で、コケ取りとして近縁種のサイアミーズフラングフォックスと並んでよく輸入される。

 

最大16cmになるというが、かなり稀。せいぜい飼育かでは8cm程度にしかならないことが多い。

 

飼育は非常に簡単で、基本的な飼育方法に準じれば何の心配もない。

 

    ・・一応。

水温は25度前後に保ち、水質は弱酸性から中性を保つ。人工飼料は殆どのものを受け付ける。

あまりに簡潔だが、殆どこれしか書きようがない。

 

コケ取りとしての評価は低いようだが確認している限りそんなことは全くない。

とろろ昆布のようなコケと、毛足の長くなるヒゲ状ゴケに対してはコケ取りの救世主と評したくなるくらいによく食べる。

 

なにせ、オトシン・プレコが手を出さなかった毛足の長くなるヒゲ状ゴケを引きちぎって食べているのだ。正直このコケに対しては全く期待していなかっただけに喜びは大きい。

また、同じくオトシンがお手上げだったとろろ昆布コケは、10匹の幼魚が60cm水槽でジャイアントアンブリア・オランダプラントと壁面にびっしり生えていたものを一週間もかからずに食べつくした。

 

一般的なコケ取りとしての評価は覆してもいいかと思われる。

 

サイアミーズフライングフォックスはフライングフォックスに金色の帯を入れたような感じで簡単に見分けがつくが、幼魚では帯が現れないので見分けにくい。

 

性質は非常におとなしく他種を攻撃するようなことは先ずない。